トイプードルが好きの枠
 
ペットショップまたはブリーダーから直接購入しよう!
トイプードル

トイプードルの購入方法

トイプードルの飼い方・しつけ・カットを学ぼう!

V トイプードルの購入方法

購入方法は3つ

1:ペットショップで購入
2:ブリーダーから直接購入
3:ネット通販を行っている仲介業者から購入


昔はインターネットがなかったために、子犬を探す場合はほとんどの方がペットショップで購入していました。

しかし、現在はインターネットが発達したおかげで、日本中からブリーダーを探すことができるようになりました。それに伴いホームページを立ち上げてブリーダーと購入者の仲介をするような業者も出てきました。

仲介業者と言われてピンと来ない方は、試しに「トイプードル」と検索してみてください。そうするとブリーダーが運営するサイトに混じって、店舗をもたないネットショップも沢山見つかります。

ブリーダーでもなく、店舗をもたない業者はほとんどが仲介業者です。仲介業者はブリーダーから出産情報(←実はペット業界では登録しているブリーダーの出産情報を一括配信するシステムができあがっています。)をもらってそれをHPにアップし販売します。

最近はネットをつかった販売方法が主流なので、将来もしかしたら子犬を店頭販売するショップがなくなるかもしれません。

ブリーダーから直接購入をオススメします。

もしも近所に信頼できるペットショップがあれば良いのですが、大手ペットショップチェーン店などから購入する場合は、実際に子犬の両親が見れなかったり、子犬の生活環境が悪かったりする場合があるのであまりオススメしません。

子犬を購入する方法は、個人的にはブリーダーから直接購入されるのがよいと思います。

しかし、ブリーダーにも悪質なブリーダーがいるのが現実です。

本物のブリーダーは常にトイプードルの犬質を向上させようとしていますし、こだわりを持って繁殖を行っています。

子犬を購入する際のチェックポイント

悪質なブリーダーを避けるための簡単なチェックポイントを挙げておきます。

●実際に犬舎を見学させてもらう。
よい子犬を見つけるためには、直接犬舎を見学させてもらうのは必須!予約が必要な場合もありますが、見学不可のブリーダーはその時点でリストから外してもよいです。

直接犬舎をたずねることで、子犬の生活環境や、トイレトレーニングは行っているかどうかなど様々な情報がチェックできます。

●母犬と父犬、兄弟をチェック
自分好みのトイプードルをみつけるには母犬と父犬のチェックも必要です。ブリーダーの犬舎には母犬しかいない場合がほとんどですが、父犬の詳細もたずねましょう。

長い間ブリーダーをやっている場合は、犬舎の子犬達は犬舎ごとに特徴があります。似たような顔の子犬が産まれてきます。血統の近い母犬や兄弟を見る事で成犬になったときの顔がある程度予想できます。

親切なブリーダーなら将来のサイズや顔を予想してくれるはずです。

●扱っている犬種はプードルのみか?
犬の繁殖というのは非常に奥の深い世界です。素晴らしい犬質をもった犬ができたときは、一頭で数百万円の価値がつきます。

犬種を4〜5種類以上扱っているブリーダーはもしかしたら、トイプードルこだわりをもっていないかもしれません。こだわりがないという事は、犬質も落ちる可能性もあります。トイプードルのみを繁殖しているブリーダーが理想的です。


スポンサードリンク

 
トイプードルが好きの枠