トイプードルが好きの枠
 
健康で自分好みのトイプードルを見つけるために!
トイプードル

トイプードルの退色

トイプードルの飼い方・しつけ・カットを学ぼう!

X トイプードルの退色

ホワイト以外は退色する。

「レッド」のトイプードルを飼われている方で、子犬の頃はあんなに濃いレッドだったのに成長したら「アプリコット」になってしまって、一体どういうことー!!(○`ε´○)プンプン!!

という方もいらっしゃると思います。レッドのトイプードルを購入する際に、退色について説明されたけど覚えていない。又、ショップ側の説明不足の場合もありますが、ホワイト以外のトイプードルは成長に伴い退色します

1歳未満で一気に退色する子犬もいれば、徐々に退色する場合もあります。それは個体差なので成長してみないと分かりませんが、老犬になった時は間違いなく毛色は薄くなっています。

退色の事を知らずにレッドやブラウンなどの中間色のトイプードルを飼われた場合、将来販売者側とトラブルに発展する可能性があります。(実際に退色の事を知らずにトラブルに発展したケースはあります)

子犬の頃は綺麗なレッドであっても将来は間違いなく退色します。

健康な子犬を選ぶなら色素が濃い子を選べといいますが、その場合の色素というのは毛色ではなく「肉球、クチビル、アイライン、鼻、目」の色素の事を指します。

将来は退色してしまうと考えると、個人的にはカラーの濃さよりも鼻が真っ黒でアイラインがしっかりしている子犬を選んだ方がよいかなと思います。

ホワイト以外のトイプードルは必ず退色するということだけは覚えておきましょう!ペットショップで「この子はレッドでも退色しません!」と言われても信じないように(・`ヘ´・;)


スポンサードリンク

 
トイプードルが好きの枠