トイプードルが好きの枠
 
トイプードルのトイプードルの飼い方は、家に迎えてから3ヶ月が勝負!
トイプードル

犬の遺伝性疾患を理解しておく

トイプードルの飼い方・しつけ・カットを学ぼう!

T 遺伝性疾患

遺伝性疾患と繁殖のお話

どんな犬種でもそれぞれ固有の遺伝的な疾患をかかえています。 長い年月をかけて犬は人間の手により改良されてきました。

「スタンダード犬」や「MIX(雑種)犬」という言葉を聞いたことがあると思います。
スタンダードを守っていくということは同じ特徴の犬同士を掛け合わせていく事になります。

その結果血統が近くなり遺伝的な疾患の発生の確立が高くなり、そのような犬種固有の疾患が遺伝性疾患と呼ばれるものです。

遺伝性疾患の代表的なものが、股関節形成不全と呼ばれる疾患です。
この疾患は、歩いたり走ったりすることもままならなず、歩行を嫌ったりします。

股関節形成不全に関しては遺伝的要因が多いといわれています。
つまり両親が遺伝性の素因を持っていると子孫へと受け継いでしまうのです。
両親だけでなくその先祖犬から受け継ぐ可能性もあります。

遺伝性疾患を減らしていくには、可能な限り遺伝性疾患の検査を行い、遺伝性疾患をもっていない犬同士で子孫を残していくことが必要になります。

これはブリーダーさんの努力と素人の安易な繁殖を減らしていく必要があります。

このように犬種の向上のために勉強し、努力しているのが良心的なブリーダーですが、儲け目的で人気犬種の近親繁殖を繰り返す悪質なブリーダーがいるのが現状です。

もちろん専門的な知識のないわたし達素人も繁殖を安易に行うべきではありません。というのも、繁殖をするために必要な知識は膨大に必要だからです。

「赤ちゃんを産ませてあげないのは不自然なことだからかわいそう?」
でしたら人間が犬を飼っているということは自然な事なのでしょうか?

犬は赤ちゃんを産むことを望んでいるわけではないと思います。
飼い主と幸せな時間を過ごせること、愛情を注いでくれる事を望んでいると思います。

生まれてきた赤ちゃんすべてに対し責任をとれる覚悟がない場合は、安易に繁殖するべきではありません。

トイプードルの遺伝性疾患

トイプードルも遺伝性疾患をかかえています。ブリーダーの努力で遺伝性疾患を減らすことはできるのですが、100%なくすというのはなかなか難しいのです。

親や兄弟がみんな健康でも、ある時、膝の弱い子がでてきてしまったりします。

プードルの遺伝性疾患をあげると「進行性網膜萎縮(PRA)」「股関節形成不全(HD)」「膝蓋骨脱臼」「動脈開存症」「てんかん」

この中で特に発症し易いのが、「膝蓋骨脱臼」 と「てんかん」です。

■膝蓋骨脱臼
膝蓋骨脱臼とは、ひざの関節の皿がずれるものです。この病気は先天性と後天性がありますが、小型犬でよくみられる病気です。膝の皿がずれると犬は片足をあげて歩くので、すぐに分かります。

ただし病状が軽い場合は、自分で皿をはめてしまうので、気づかない場合もあります。

この病状の疑いがあるトイプードルは一度獣医に診察を受けた方がよいです。
年齢が若い方が治りやすいので、疑わしかったらまず診察を受けましょう!

■てんかん
てんかんとは、脳の異常によって引き起こされる病気で、この病状が表れると犬はけいれんを起こし倒れます。口から泡を吹く場合もあります。てんかんの症状は30秒程度で収まりますが、また再発する可能性があります。

てんかんが収まった後は、犬は普段通りに戻ります。

てんかんのような神経に関わる病気というのは、診断が難しいので病状がでた時の状況を覚えておくことが大切です。原因は遺伝的なものだけでなく、ストレスからくるものや、環境が関係している場合もあります。

治療方法は「抗てんかん剤」を使った治療になります。


スポンサードリンク

 
トイプードルが好きの枠