トイプードルが好きの枠
 
トイプードルは毎日のお手入れが欠かせません。家庭でもできる簡単なグルーミング方法
トイプードル

トイプードルのお手入れ

トイプードルの飼い方・しつけ・カットを学ぼう!

T 家庭でもできるお手入れ

※写真画像クリックで楽天の商品ページへ飛べます

スリッカーを使ってブラッシング


トイプードルは毛量が多いのでブラッシングではスリッカーを使います。小さな毛玉などコームよりもスリッカーを使った方が簡単に梳かせられます。

スリッカーの使い方のポイントは
皮膚と平行にあてる
力をいれずに軽くもつ(持ち方は卓球のラケット)」

この2点を気をつければ、ワンちゃんを傷つける心配はありません。
スリッカーは最初は怖いですが、慣れれば簡単です。
子犬がスリッカーを嫌がる時は、力が入りすぎかもしれません。

ちなみにこのスリッカーは私が使用しているものと同じです。

爪きり


犬の爪切りは一般的には「ギロチンタイプ」の爪きりが使われる場合が多いのですが、初心者の方は「ニッパータイプ」の爪きりの方が使いやすいかもしれません。

この爪切りはライフの爪切りですが、
切れ味が良いのでお勧めです。私の愛用品。

私はニッパータイプの爪切りも持っていますが、
ギロチンタイプだとどうしても切れないという方は、
ニッパータイプで試してみてください。

白い爪の子は血管が見えるので問題ないと思いますが、黒い爪の子は外からは血管が見えないので初心者には難しいと思います。

黒い爪のトイプードルを自分で爪きりする場合は、切りすぎて出血の危険があるのでギリギリまで短く切る必要はありません。立たせた時床に爪が付かない程度の長さに切ってあげればよいです。

犬の肉球の高さを基準に切ってあげれば切りすぎることはまずありません。

どうしても怖いという場合は、トリマーに任せましょう!

家庭ではミニシザーを使った方が安心


トイプードルは毛が伸び続けます。金銭的な問題や時間の問題から、美容室に頻繁に連れて行くのが難しいという方も多くいらっしゃると思います。

飼い主にとって毛が伸びて気になる部分は、「顔周り」「 肉球周りの毛」だと思います。

カットする時のハサミはもちろん専用のものをオススメしますが、メーカーが多く種類も豊富でどれを選んでよいのか分かりません。

トリマーは1丁数万円もする刃の長いハサミを使いますが、家庭で顔周り、足周りをカットする程度ならばそんなものは必要ありません。

専用のハサミは必要ですが、刃の短いミニバサミを選ばれるとよいかと思います。小さなハサミの方が扱いやすく、値段も安い(^_-)v 

またホームセンターや東急ハンズなどで売っている「小さなバリカン」を用意しておくと肉球の間の毛や汚れの気になる肛門周りの処理が家庭でも簡単にできます。


スポンサードリンク

 
トイプードルが好きの枠