トイプードルが好きの枠
 
ペットフードが子犬の将来を決める!健康なトイプードルになるために。
トイプードル

ペットフードのこと

トイプードルの飼い方・しつけ・カットを学ぼう!

V ペットフードのこと

犬のドライフードは無法地帯

2007年の「北米のメラミン・シアヌル酸によるペットフードの大規模リコール」が記憶に新しいですが、ペットフードは人間の食品とは異なり「食品衛生法」「食品安全法」の対象外なのです。

つまり、ペットフードには原材料や添加物などの法的規制が全くないのです。

このため、多くのペットフードには人間の食品には使用できない「添加物、防腐剤」が使われています。表示義務もないので不都合なものは表示しません。

このような粗悪なペットフードを何年も与え続けると、将来アレルギーが発生したり、皮膚病・ガンなどの病気につながる恐れもあります。

ただ、科学的な調査やデータがないので実際にペットフードがガンやアレルギーの原因になっているは分かっていないのですが、近年のリコール問題を考えれば疑ってかかった方が安全だと思います。

人間の食品でさえ、問題が起こったりする分けですから法的規制のないペットフードはなおさらです。

安かろう悪かろう

人間の食品とは違い、ペットフードの場合は安くて良いものはありません。販売価格と内容量を人間の食品と比べてみるといかに安いかが分かります。いったいどういう肉を使ったらそんなに安くフードができるのでしょうか。

また賞味期限もみてみてください。強力な酸化防腐剤が使われているものほど異常なほど賞味期限が長いはずです。人間の食品では考えられません。

ペットフードの場合は、高ければ全てが良いものというわけではありませんが、安くてよいものはないという事を覚えておきましょう!

管理人が使っているペットフード

私もドライフード選びにはとても悩みました。ペットフードのリコール問題を見ても分かるとおり、やはり大手のものは悪いものが多いなという印象です。特に輸入ものは危険なような気がします。

私が選んだ基準は、「原産がハッキリしているか」「犬の体に悪影響のある酸化防腐剤が使われていないか」そして「生産者の考え」など。自分が共感できたフードから選んで与えていました。

ただその中でも、犬によって相性があるようで、同じフードを与えたとしても「涙の出方」や「便の状態」「皮毛の状態」などへの影響が異なります。

ということで、うちでは今は『ワンフー』というメーカーのフードを食べさせています。

最初は『吉岡油糧』を食べさせていましたが、ウンチが安定しなかったので、 店長がとても親切な『犬猫自然食本舗 』に変更。 ただ『犬猫食研』のフードは硬いので、歯の生え変わりの頃からうまく食べられなくなり、 フードが小さく丸く食べやすい『ワンフー』になりました。

犬猫自然食本舗の店長は非常に親切で、フードの質もよいのでうちの子が食べられれば犬猫自然食本舗が個人的にはお気に入りだったのですが。

ただ、涙やウンチの様子を見ると『ワンフー』がうちのトイプーには結構あっているみたいです。(*^^)

ニオイは「吉岡油糧(甘い香り) > 犬猫食研(無臭、草?) > ワンフー」

どれも通販が中心なので店頭ではみかけません。値段も高いのですが、トイプードルならフードの消費が少ないので金銭的にはそれほど大きくはないと思います。

安いフードばかり与えて、将来病気になり獣医にかかる可能性を考えると。日頃から質の良いフードを与えて獣医知らずの健康な子に育てば金銭面ではそれほど変わらないはずです。


最後に手作りフードについて。

犬の健康にとって一番よい食事はもちろん「手作りフード」です。手作りに優るフードはありません。

ただ、毎日手作りだとドライフードを食べられない子になってしまう場合もあります。

もしも、 天災や事故、生活環境の変化などのトラブルがあり手作りフードを作れなくなった場合、ドライフードが食べられないと非常に困ります。

なので、手作りフードとドライフードを併用して与えてあげるのが一番良いかなと個人的には思います。


スポンサードリンク

 
トイプードルが好きの枠