トイプードルが好きの枠
 
トイプードルのスタンダードを知ることで、本当のプードルの形を理解する。
トイプードル

トイプードルのスタンダード

トイプードルの飼い方・しつけ・カットを学ぼう!

U トイプードルのスタンダード

犬種のスタンダードとは?

トイプードルのスタンダード 犬種の「スタンダード」という言葉を聞いたことのある人もいると思いますが、スタンダードとは犬種の基準の事をいいます。

犬種のスタンダードはJKC(ジャパンケネルクラブ)という団体が定めていて、その基準がプードルの理想的な形とされています。一般的外貌から性格、頭部、頸、四肢、歩様まで細かく決められています。

なぜスタンダードが必要なのか?

プードルはサイズが4種類、カラーバリュエーションは豊富にあります。もしもプードルの基準というのを考えずに繁殖を繰り返した場合、プードルとは名ばかりで全く見た目の異なる子犬が産まれてきてしまう可能性があります。

見た目の異なるプードルが沢山生まれてきたらどうでしょうか?

ブリーダーは純血種を守っていかなければいけません。プードルという犬種が消えてしまわないように、繁殖をする人はまず最初にスタンダードの知識を学ぶ必要があります。

JKCのスタンダード

ジャパンケネルクラブのプードルのスタンダードをピックアップして以下に紹介しておきます。原文を知りたい方はジャパンケネルクラブで全犬種標準書をご購入ください。

■一般外貌
優雅な容姿で気品に富んだ風貌を備え、スクエア(正方形)の体構でよく均整がとれている。・・・プードルの特色であるクリップによって、多少の外貌表現に差を見るが、表現は知的であり、より優雅で気品を発揮しなければならない。

■習性/性格
利口、活発、従順で、しかも活動的な動作を示す。

■頭蓋部
スカルはほどよく丸みを呈している。

■尾
根元は太く、尾付きは高く上に向いていて、決して巻いたり背負ったりしてはならない。全体とのバランスがとれた長さに断尾する。

■四肢
前肢は十分な骨格と筋量をもち、肘から真っ直ぐに伸びる。後肢は強健な筋肉に富む。

■歩様
健全で、自由な軽い動きで十分な推進力がある。


スポンサードリンク

 
トイプードルが好きの枠